シミ隠しで年齢をカバー|自信に満ち溢れた肌へ

ウーマン

皮膚を剥がす洗顔商品

クリーム

毎日使わないほうが良い

ピーリングという言葉の意味は剥がすことを表わしており、ピーリング石鹸は通常の石鹸と比較して皮膚の角質層を溶かすための成分が配合されています。このピーリング剤のことをAHAといい、乳酸やグリコール酸、フルーツ酸などが含まれています。ピーリング石鹸は含まれているAHAの作用によって、古くなっている角質を溶かす効果があります。古い角質を剥がすことで肌のくすみを改善できますし、皮膚のターンオーバー機能を活性化させることにつながります。ピーリング石鹸を使ったときには他の石鹸を使用したときよりも、表皮が薄くなっていると言えますので、毎日使用することは控えたほうが良いです。ピーリング石鹸の使用頻度の目安は、1週間あたりにつき2〜3回ほどにしておくことが大切です。

様々な濃度の商品がある

ピーリングの施術は美容クリニックでも行われていますが、こまめに通うことは難しい人のほうが多いです。ピーリング石鹸であれば自宅で手軽に使用することで、肌の状態を改善できるので便利です。商品ごとに配合されているAHAの濃度は異なっていますので、それによって得られる効果も変わります。市販されているピーリング石鹸は、低濃度のものであれば0.6%、高濃度のものであれば10%ほどの有効成分が含まれているものもあります。平均すると5%のAHA濃度の商品が多くなりますが、どの程度の配合濃度のものが適しているのかは個人の肌の状態によって変わると言えます。配合されている成分の濃度が高いほうが効果を得やすいと言えますが、有効成分は酸ですのでひりひりとした感じがあります。そのために、初めて使用する人であれば、低濃度のAHAが配合されているピーリング石鹸を使うことがおすすめです。