シミ隠しで年齢をカバー|自信に満ち溢れた肌へ

ウーマン

スキンケアで気を付ける事

目

クレンジングの刺激に注意

敏感肌の人は、スキンケアに気を遣っているつもりでも、実は使用しているクレンジング剤や洗顔フォームが原因で肌を傷つけている可能性があります。皮脂が通常の人よりも少ないために、直ぐに乾燥をしてしまうんです。クレンジング剤には、メイクの油分を落とすために界面活性剤が入っています。これは、メイクを落とすためには必要な成分になりますので、一概に悪いとは言い切れません。ですが、敏感肌の人は、少しの成分でも皮脂まで完全に洗い流してしまい、乾燥肌を招きやすくなりますので、注意が必要です。特に敏感肌の人が気をつけなくてはいけないのが、シートタイプのクレンジング剤です。これは、簡単にメイクが落とせるという事で、人気があるのですが、メイクをしっかりと落とすためにゴシゴシしてしまっては、肌を傷つけるだけですので気を付けましょう。

洗い方に気を付ける

敏感肌専用のクレンジング剤、洗顔フォームはありますが、それ以前に自分の洗顔の仕方を振り返ってみましょう。大量にクレンジング剤を使って、すみずみまでゴシゴシと洗わないとメイクは落ちないと思ってはいませんか。いくら敏感肌専用の製品を購入しても、そんな洗い方をしていたら元も子もありません。洗顔のポイントは、よく泡立てて、顔の皮膚に触れないようにそっと泡を顔に乗せてください。汚れは泡の表面張力でしっかりと包み込んでくれますので、わざわざ手で力をかける必要はないんです。クレンジング剤や洗顔フォームは出来る限り泡立てるタイプのものを選ぶようにしましょう。原液をそのまま顔に着けて落とすタイプのものは、肌への負担も大きいので、あまりおすすめ出来ませんよ。